soramitama

お絵かき&ゲーム&脱出ゲーム

早川書房「パブ シャーロック・ホームズ」に行ってきました!感想

早川書房「パブ シャーロック・ホームズ」に行ってきました!感想

シャーロック・ホームズファンの間で話題の早川書房の「パブ シャーロック・ホームズ」に行ってきました!

スポンサーリンク

おでかけ基本情報
日時:8月28日 17:00~
混雑度:かなり混雑していました。
所在地: 東京都千代田区神田多町2-2(早川書房 1F)
交通手段:電車(地下鉄銀座線:神田駅 徒歩2分)
誰と?:大人二人
目的:シャーロック・ホームズが好きなので。

店内の雰囲気について

歴代のシャーロック・ホームズポスターが貼られていたり、『SHERLOCK』ドールハウスが飾られていたり、ホームズ変身セットがあったり、大型テレビにホームズ関係のスライドショーが流れていたり、BGMがホームズ作品のサントラだったりと店内には「シャーロック・ホームズ」がいっぱい。ニヤニヤが止まらない素敵な店内でした。

m_IMG_5269 2

……が、狭い。普段は普通の喫茶店ですからね、当然です。

狭い店内+お客さんいっぱい+店員さんもいっぱい なので、全てのホームズグッズをじっくり見るのはちょっと難しいかも。

店内のホームズグッズをじっくり見たい!という人は、開店してすぐに行くか、空いている「カフェ クリスティ」の時間帯に行くと良さそうです。(カフェクリスティの時間帯はパブシャーロック・ホームズ特別メニューはありませんが、店内のレイアウトは全部同じ)

お客さんの9割以上が若い女性

『SHERLOCK』の人気ってすごいんですね。びっくり。想像以上でした。

お客さんは本当に若い女性ばかり。男性の一人客はちょっと居心地が悪いかもしれませんが、捉えようによっては天国なので、柔軟な感覚を持ってホームズと花園を思う存分楽しんでみてください!

接客はオジサマ

混雑対応のために招集されたであろう臨時スタッフが完全に早川書房の中の人(確証はないですがたぶんそう)なので接客レベルは決して高くはありません。飲食経験者的には「おやおや、まぁまぁ」と手伝ってあげたくなってしまうシーンも。

じゃぁ、不快な気持ちになるかというと、全くそんなことはありませんでした。

「コースター、濡れないようにしておきますね」とか
「コースター、かぶってませんか?」とか
「せっかくの機会ですから、たくさん写真とってくださいね!」とか

皆さん、お客さんが不快に思わないようにとても気を使ってくださっているし、グッズやディスプレイへの質問に詳しく答えてくださったり、とにかく一生懸命さと丁寧さが伝わってきたので、とっても居心地が良かったです。

むしろ慣れない作業を一生懸命している姿は母性本能をくすぐりまくりで、これはこれでアリだなと思ったりもしましたね。ふふふ。

困ったことがあった時は、ちゃんと店員さんに声をかけましょう。その方がお互いのためですよ。

フードメニューについて

フードメニューは10種類くらいかな、種類も量もそんなに多くはないです。「パブ」なので、ご飯を食べに行くというよりは、雰囲気を楽しみながらお酒を飲む感じ。

ちなみに私たちは「フィッシュ・アンド・チップス」と「ミートパイ」を頼みました。どちらも美味でした。混雑が予想されたので、60分ぐらいで退店しましたが、時間に余裕があれば他の料理も食べてみたかったですね。

ドリンクメニューについて

コンセプトカフェならぬコンセプトパブなので、ドリンクメニューも多くはありません。

私はほとんど飲めないので、ノンアルコールの「ピンク色の研究」を頼みました。

「ピンク色の研究」は名前も見た目も味もカワイイ、女性向けのカクテルです。ノンアルコールなので、飲めない方も安心!かなりの数のお客さんがファーストドリンクとして頼んでらっしゃいました。

m_IMG_5279 2左が「ホームズ」、右が「ピンク色の研究」

一方、一緒に行った主人は特別カクテルを全て頼んでいました。

それぞれ、ちょっとずつ飲ませてもらったところ、オリジナルカクテルはどれもアルコールが濃い目です。お酒を楽しむパブなので妥当な濃度だと思いますが、そういうお店に行き慣れていない人はちょっと困ってしまうかも。(実際、両隣のお客さんは「ワトスン」を楽しめていませんでした)

なので、お酒があまり強くない人は「特別カクテルを楽しんでみたいが、アルコールに強くないので、アルコールを弱めに」とお願いすることをオススメします。

まとめ

私の隣の人も、その隣の人も、そのまた隣の人も、みんなみんな「シャーロック・ホームズ」が大好き!

好きなモノが同じ人がたくさん集まっている空間て、やっぱり特別で、たとえ赤の他人でも、実際に言葉を交わすことがなくても、なんとなく「同士」みたいな感じがして、その人達が集まっている空間に、自分も存在している、その空間の一部になってるってとても幸せなことです。

「パブ シャーロック・ホームズ」は、そんな幸せを提供してくれる場所でした。

早川書房の「パブ シャーロック・ホームズ」オススメです!

------------------Sponsored Links------------------
Return Top