soramitama

お絵かき&ゲーム&脱出ゲーム

『龍が如く0 誓いの場所』感想レビュー【ネタバレ無し】

『龍が如く0 誓いの場所』感想レビュー【ネタバレ無し】

『龍が如く0 誓いの場所』(以下、『龍が如く0』)をクリアしたので、未プレイの方向けにネタバレ無しの感想・オススメポイントをまとめてみました!

基本情報

タイトル名:龍が如く0 誓いの場所
開発元:セガ(龍が如くスタジオ)
発売日:2015年3月12日
フォーマット:PS4(PS3とのマルチプラットフォーム)
ジャンル:アクションアドベンチャー
プレイ人数:1人
対象年齢:CERO D(17歳以上対象)
通常価格:8,845円 (税込)
クリアまでの時間:55時間(シノギ・サブストだいたいクリア)

こんな人におすすめ

真島吾朗が好きな人
龍が如くシリーズが好きな人

sakimitamaはこんな人

龍が如く0,1,3,4,5,見参,OTE,維新をプレイ済み。
2はプレイ中。好きなキャラクターは真島さん。

ストーリーがイイ!

『龍が如く0』のストーリーは至ってシンプル。ザ・王道とも言える今回のストーリーは、シリーズで一番良くできていたと思います。

正直なところ、最近の「大ドンデン返し」ありきの様なストーリーはちょっと食傷気味だったので、今回の物語の展開はとても嬉しい流れでした。

また、主人公も2人とかなり少なくなったので、視点があっちこっちに移動することなく、落ち着いて物語の流れを追うことができましたし、一人ひとりに時間をかけられる分、それぞれのキャラクター描写がとても丁寧で良かったです。

サブストーリーがイイ!

サブストーリーは桐生・真島合わせて100。くだらないものから、ホロリとくるもの、考えさせられるものまで、あいかわらずのてんこ盛りです。

今回は過去の物語という事もあり、あのキャラクターの若いころ……といった、シリーズファンならニヤリとできる内容のものがいっぱい。ファンへのご褒美的ストーリーも。

ぜひ、街を隅から隅まで探索して、ニヤニヤしたり、大笑いしたり、ホロリとしてください!

音楽がイイ!

個人的に、今作の音楽は好きなものばかりでした!要所要所で1の音楽が使われていたり、シリーズお馴染みの『Receive You』で戦えたり。戦闘中なのに「この曲いい曲だな~」と、音楽に聞き入ってしまい、気づいたらボコボコにされた、なんてことも少なからずありました。

プレイしていない時も聞きたい曲が多すぎて、シリーズで初めてサントラを購入。同時購入した『龍が如く0 誓いの場所』80’s Hits! Collection(初回生産限定盤) Limited Editionの特典トラックと合わせて、作業用BGMとしてかけっぱなしにしています。

『龍が如く0 誓いの場所』80’s Hits! Collection(初回生産限定盤) のレビューはこちら

真島吾朗がイイ!

『龍が如く0』は真島吾朗の物語。今作は桐生ちゃんとのダブル主人公ではありますが、話の内容的に真島の物語と言っても過言ではありません。

真島は本来どのような人間なのか、どのようにして「狂犬“キャラ”」になったのか、彼の大切なモノは何なのか。今作はサブストーリーも含め、彼の内面にグググッと迫り、掘りさげていきます。

ストーリー序盤は「あの兄さんがまとも!」「ただのイケメン!!!」と、驚きの連続ですが、プレイを進めるに連れ真島さんの人を魅きつける能力が遺憾なく発揮され

「これは人気投票1位になるわ……」
「あぁ、真島さん男前すぎる……」

と、切ない涙をながすことうけあい。真島ファンはもちろん、真島はいまいち好きになれないという方にもぜひプレイして欲しいです!

m_20150407152155プレミアムアドベンチャーでは、いつもの兄さん(無料DLC)で遊ぶこともできますよ!

切なさがイイ!

先程も少し触れましたが『龍が如く0』は切ないです。「カッコイイ!」よりも「悲しい」よりも、「切ない」

桐生と錦の親友っぷりとか、真島さんの苦労っぷりとかラストシーンとか、登場キャラクター達の散り方とか、サブストーリーに出てくるキャラクターの何気ない一言とか。もう、切ないでいっぱい(TAT)

今作の主人公は二人共20代。その若さゆえの青臭さ、まっすぐさ、そういうものがこの切なさを作り出しているような気がします。今までの「渋い」龍が如くとは、一味違ったこの「瑞々しさ」も、今作の魅力の一つだと私は思います。

まとめ

『龍が如く0』は、シリーズをプレイしてきた人のための作品。そして、これから始める人のための作品。

私はシリーズのほとんどをプレイしています。だから、シリーズ作品に絡めたネタで笑うことができましたし、感動することができました。『龍が如く0』を存分に楽しめたプレイヤーだと言えましょう。その点で言えば『龍が如く0』は既存ファンの為の作品です。

しかし、今作は「これから龍が如くをはじめる人向けの作品」であるともいえます。

私は今作が初めての『龍が如く』という人がとても羨ましいです。未来ネタには反応できないかもしれませんが、「この人がああなってしまうんだな……」なんて余計なことを考えずに、まっさらな状態で、キャラクターを受け止め、『龍が如く0』のストーリーを、主人公たちと共に追うことができます。

そして、自ら操作した二人の伝説が、共に戦った仲間が、拳を交えた男たちが、今後どの様な運命をたどるのか。0からはじまる、男たちの物語を、より深く楽しむことができる。これは、0からプレイをはじめた人にしかできない楽しみ方。本当に羨ましいです。

と、言うわけで『龍が如く0 誓いの場所』は、シリーズファンはもちろん、初めての方も存分に楽しめる良ゲーとなっておりますので、ぜひ、これを機に『龍が如く』ワールドに足を踏み入れてみてください。笑いあり、涙あり、そんな「龍が如くワールド」を一緒に楽しんでみませんか?以上、sakimitamaでした!

Return Top