soramitama

お絵かき&ゲーム&脱出ゲーム

目に優しいディスプレイ!EIZO FlexScan 液晶モニターEV2450 レビュー【オススメ!】

目に優しいディスプレイ!EIZO FlexScan 液晶モニターEV2450 レビュー【オススメ!】

EIZO FlexScan 23.8インチ EV2450-BK を購入して、1ヶ月が経ったので、使用感やオススメポイントをまとめてみました。

使用用途

MacBook Pro 13インチ(Late 2013)のサブディスプレイとして。
主に文章を書いたり、絵を描いたりする用。ゲームには使いません。
(MBPと接続するには本製品の他にHDMIケーブル等が必要です)

EV2450-BKを選んだ理由

医用画像(レントゲンとかCTとか)業界で働く主人に

「ディスプレイはナナオ(EIZOの旧社名)さん一択。それ以外は考えられない。っていうか、どうして社名変更しちゃったんだろう、絶対ナナオの方が可愛かっ(略」

と、言われたのがキッカケ。

「へぇ〜そうなんだ〜」
(えっ……私より、IT関係弱い彼がこんなにも自信満々に……この自信はジョジョやDBの事を話す時と同じ……確かに、人の命が関わる現場で選ばれているメーカーなら間違いないかもしれない……)

ということで、素直にEIZOさん商品から選ぶことに。

さっそくAmazonを開き、EIZOディスプレイの中で、比較的値段が手頃で、評価がべらぼうに高かったFlexScan 23.8インチを購入することにしたのでした。

詳細情報

EIZO FlexScan 23.8インチ カラー液晶モニター ( 1920×1080 / IPSパネル / 5ms / ノングレア ) EV2450-BK
メーカー:EIZO
商品重量:6 Kg
商品の寸法:4.8 x 53.8 x 31.8 cm
画面サイズ:24 インチ
解像度:1920×1080
表示色数:約1677万色 解像度:1920×1080
入力端子:DVI-D24ピン×1、DisplayPort×1、HDMI×1、D-Sub15ピン ミニ×1
付属ケーブル:DVI-D~DVI-Dケーブル×1、D-Sub15ピン ミニ~D-Sub15ピン ミニ ケーブル×1

同梱物
m_011

電源や操作スイッチは前面に
m_012

主電源は背面m_013

側面のポート
m_014

背面のポート
m_015

本当に目が疲れない!

FlexScanを使っていて、一番感動したのは「目が疲れない」ということ。公式サイトで「疲れ目対策技術を搭載した」と謳っているだけあります。

私は目が悪いので、ディスプレイと目の距離はいつも30cmくらい。眼医者さんに怒られる距離です。当然この距離で長時間作業を続けると、目がぼやけてきたり、頭が痛くなったりしてしまうのですが……

が!このFlexScanにしてからは、長時間作業をしても、へっちゃら。目も頭もスッキリしたまま。体調不良で作業を中断するということが、ほぼ無くなりました。

ディスプレイって光を発する装置なので、見つめると少なからず眩しさを感じるもの。ですが、このFlexScanはディスプレイ特有の眩しさをあまり感じさせず、すごく自然で、紙を見ているような感覚なんです。ぜんぜん眩しくない、でもハッキリと文字が読める。とても不思議な感覚でした。(ちなみに私は明るさを5にして使っています)

用途に合わせて置き方を選べる!

このディスプレイは、背面スタンドの可動域が大きいので、モニター位置をかなり自由にカスタマイズすることができます。

一番高くした状態
m_IMG_7580

一番低くした状態
m_IMG_7581

最大限角度をつけた状態
m_IMG_7579

それを横から見た状態
m_IMG_7578

縦置きした状態
m_IMG_7585

この様に、用途に合わせて高さや角度を調整することができるので、無理のない姿勢で作業することができました。

私は絵を描く時はやや斜めに、文章を描く時はまっすぐにして使っています。
m_150418-0008

画面が広い!でもコンパクト!

やっぱり、MBPの13インチにくらべると、24インチは広いです。広々。

MacBook Pro 13インチとFlexScan EV2450を並べた様子
m_IMG_7565

ディスプレイにA4用紙をのっけてみた
m_IMG_7567

デザイン系ソフトを使う際、両サイドにメニューを広げても、全体を見ながら作業することができます。

Illustrator使用時。広い!
m_150418-0007

FireAlpaca使用時。このディスプレイ 広すぎ!!
m_IMG_7047

作業エリアが広いと、心も広くなるし、ごちゃごちゃしなくなるから、それだけで頭がスッキリしたりしますよね。書くことや描く事に集中できる。うん、広いは正義!

そんな正義の味方FlexScanですが、なななんと!画面の広さの割に、とってもコンパクトなんです。

私の作業机は、横85cm×縦65cm。それほど広くはありません。一応、寸法を測ってはみたものの、24インチの横長ディスプレイ、ちゃんと置けるかな〜と不安だったのですが、ぴったり置くことができました。

すっぽりハマった、FlexScanちゃん。
m_IMG_7564

FlexScanの特徴の一つである「狭額ベゼル」のお陰で、限られた空間をとても有効に活用することができました。

まとめ

「EIZO FlexScan 23.8インチ EV2450」は買ってよかったと心の底から思える、とても良いディスプレイです。

このディスプレイのお陰で、PCでの作業が本当に楽になり、頭痛や肩こりが激減。頭痛薬を飲む回数も減りました。

他社製品に比べると、値段が高いEIZO製品。でも、高かった分の価値は十分すぎるほどあったと思っています。やっぱり毎日、しかも長時間使うものは、ちゃんと選んだほうがいいですね。プロの言葉を信じてよかった。

もし、今あなたが「目が疲れにくい、目に優しいディスプレイ」を探しているのなら、ぜひEIZOのFlexScanを検討してみてください。自信を持ってオススメできる、素晴らしいディスプレイです。

Return Top