描くラボ

独学で絵を学ぶ人のためのブログ

ゲームブック『人狼村からの脱出』クリア!楽しむコツとすすめ方のヒント

ゲームブック『人狼村からの脱出』クリア!楽しむコツとすすめ方のヒント

今回は「リアル脱出ゲーム」でお馴染みのSCRAPが作った初のゲームブック『人狼村からの脱出』をご紹介します!

基本情報

人狼村からの脱出 狼を見つけないと、殺される (脱出ゲームブック)
『人狼村からの脱出 狼を見つけないと、殺される』
単行本(ソフトカバー): 208ページ
出版社: リットーミュージック (2012/5/25)
ISBN-13: 978-4845620715
発売日: 2012/5/25

※このレビューは2015年5月に発行された第9版を元に書かれています。

購入した経緯

リアル脱出ゲームが好きだけど、何かと大変なので、もっと気軽に謎解きを楽しみたいと思ったから。
Amazonレビューの評価がとても高かったから。

こんな人にオススメ!

謎解きが好きな人
ゲームブックが好きな人
リアル脱出ゲームに興味がある人
地方に住んでいて、リアル脱出ゲームに参加できない人

新しい形の脱出ゲーム!

最近「リアル脱出ゲーム」にハマっています。リアル脱出ゲームって面白いんですけど、メンバーを集めたり、スケジュールを調整したり……と、そうそう気軽に参加できるものでもないんですよね。頻繁に行くと、お金も結構かかるし。

限られた時間の中で、 ヒリヒリするようなスリルを楽しむのもいいけれど、気の合う仲間と、時間も場所も気にせず、ゆっくり謎解きを楽しみたい!

そんな方にオススメなのが、今回ご紹介するゲームブック『人狼村からの脱出』

Wikipediaより引用
ゲームブック (Gamebook) は、読者の選択によってストーリーの展開と結末が変わるように作られ、ゲームとして遊ばれることを目的としている本である。

この本は「リアル脱出ゲーム」でお馴染みの株式会社SCRAP製。多くの興行で培われたナゾや演出のノウハウが、見事に紙の本に落とし込まれています。

いつでも、どこでも、誰とでも。

ゲームブック『人狼村からの脱出』は、本の中を移動しながら、人々に話を聞いたり、事件現場を調査したり、時にはナゾを解きながら、人狼村に隠された真実を明らかにしていきます。

この本を楽しむために必要なのは、紙とペンと、本や地図を広げられるスペースだけ(最後の真相ムービー視聴時のみ、ネット環境が必要)。制限時間や人数制限もなく、いつでもどこで も誰とでも、自由に楽しむことができるんです!

本だからって、ナメてました。

すみません、本だし、どうせ大したことないと思っていました。私が間違っていました。一度、ページを開いてみれば、時間を忘れてすっかり夢中。

あっちへこっちへ……と、ページ間の移動が結構面倒なのですが、その面倒くささが、実際に街なかを歩きまわっているような感覚と重なり、新鮮でした。本なので、気軽に中断・再開ができたり、みんなでダラダラとお茶をしながら、自分たちのペースでナゾに向き合えるのもいいです。

上手に進めるコツ!

最初は行きたい場所のパラグラフに進んで、いろんな人に話を聞こう!

新聞を読んで、気になった場所に行ってみるのもいいかもしれませんね。基本的に、地図上の場所には毎日通うことになるので、どこに行ったのか行ってないのかがわかるような、チェックリストを作るといいです。

チェックシート作ったので良かったら使ってください
人狼村チェックシート

付属品は面倒がらずに机の上に広げて遊ぼう!

クリアにはすべてのものが必要ですよ!

証拠が足りなくて進めなかった選択肢はメモしておこう!

例:980+Aの番号
「あれどこだっけ……」と、後から探しだすのはめんどくさいです。

気になったことはメモしておこう!

後から、「あれ(略

スマホの機能をうまく使おう!

カメラ機能で選択肢やナゾを撮影したり、電卓機能で計算をしたりなど、使えるものはなんでも使って、スムーズにナゾを解いていきましょう!

どうしてもわからない!という方は公式ページにヒントがあります。
http://www.rittor-music.co.jp/dgamebook/01/

ナゾがわからなかったら、他を当たろう!

この本のナゾは、ほぼすべてに対して、解き方のヒントが提示されます。何もないところから、完全なヒラメキで解き進めていくことはありません。

もし「全くわからない!」と、詰まってしまった時は、ヒントが足りていない可能性があるので、パラグラフ番号のメモなどを残しておき、他の場所の調査を行ってみてください。

複数人で楽しく遊ぶために

会話を楽しもう!

私達は大人4人で遊びました。一人でやるよりも時間がかかりますが、わいわいガヤガヤ楽しいです。日付を進める前に「次の被害者は誰だ」とか「ココが気に なっている」など、情報共有や事件についての雑談をすると、より盛り上がります。

本は2人に1冊くらいあるといい!

大人4人に1冊は少し不自由に感じたので、途中で1冊購入しました。

うまく役割分担をしよう!

文章を声に出して読む人、調査書に記入する人、気づいたことをメモる人など、役割分担をするとスムーズです。

 

1日目

クリアタイム:4時間

とくに詰まるところはありませんでした。

最初はどう進めればいいのか、勝手がわからず手間取りましたが、やり方が分かればすんなり進みました。

えー!そんなこと無い!進まないよ~!という方は

  • 地図、新聞、付箋など、付属品をちゃんと使用していますか?
  • 神父さんの話はよ~く聞きましたか?
  • 文章がページをまたいでいるのを見逃していませんか?
  • (地図上の)番地が書いてある場所には全て行きましたか?

地図上の番地=パラグラフ番号なので、行きたい場所があったら地図上で番地を確認して、該当するパラグラフを読んでみましょう。1日目は、ゲームブックの流れに慣れるのが大切ですよ。

2日目

クリアタイム:4時間

この辺から「GAMEOVER」も登場し、ゲームブックらしくなってきます。SCRAPっぽいナゾも登場。リアル脱出ゲーム経験者の私は比較的すんなり進めることができましたが、謎解きに不慣れな人はすこし引っかかるかもしれません。

ネタバレにならない範囲でヒントを出すとすると……

  • キーワードは省略したりせず、正確に調査シートに書き込みましょう。
  • 行き詰まったら、調査シート(新聞)をじっくり見返してみましょう。
  • このゲームは1冊の本すべてを使います。今、読んでいる場所だけが本ではありませんよ。

3日目

クリアタイム:3時間

新たな人物、新たな秘密が出て きて、物語が一気に盛り上がってきます。えええ!あの人が実は○○だったなんて……!あと2日しか残っていないのに、これどうやって解決するんだ!うぉーい!

ヒラメキがあまり必要ない分、ナゾ自体は2日目より簡単な気がしました。

ネタバレにならない範囲でヒントを出すとすると……

  • 総当りで頑張ってください。
  • 出てきた数字のパラグラフに進んでください。

4日目

クリアタイム:2.5時間

この辺になると、だいぶ慣れてきて、読み進めるスピードも早くなってきました。

この日はまさか!という人が殺されます。パズルに少し苦戦するかもしれませんが、ナゾ自体はそれほど難しくありません。嵐の前の静けさといったところ。

ネタバレにならない範囲でヒントを出すとすると……

  • 今まで見たものの中で「なんだこれ」と思ったものはありませんでしたか?
  • ヒントが足りていないかもしれません。回り道してみましょう。

5日目

クリアタイム:3時間

いよいよ最終日。

パズルあり、ヒラメキあり、手を動かす仕掛けあり……。最終日はまさにこの本の集大成という感じ。最後のナゾを解き、人狼の正体がわかる瞬間はなんとも痛快!

※注意!

最終日は、すべての謎を解かなくても証拠の数字が揃ってしまい、WEBへアクセスすることができます。しかしながら、ナゾを残したままWEBにアクセスしても、解決編をみる事はできません。「人狼が特定できる」状態になるまで、WEBへのアクセスは我慢しましょう。

ネタバレにならない範囲でヒントを出すとすると……

  • もう一度、過去の調査シートを見返してみましょう。
  • 今まで説いてきたナゾを思い出してみましょう。
  • これまでにゲームに使った全てのものを机の上に並べてみましょう。

健闘を祈ります!

全体を通しての感想

素晴らしかったです。1冊の本でここまで楽しむことができるなんて。1冊の本をここまで使い切ることができるなんて。まさか!と何度も言ってしまうSCRAPらしさあふれる作品でした。ぜひ残りのシリーズも購入してプレイしたいと思います。

ナゾ解きや、脱出ゲームが好きな方、リアル脱出ゲームに参加してみたいけれど、都合をつけるのが難しい方にぴっったりの一冊。ゲームブック、『人狼村からの脱出』超オススメです!

------------------Sponsored Links------------------
Return Top