soramitama

お絵かき&ゲーム&脱出ゲーム

1000円で買える!初めての万年筆&ペン習字にオススメ!「カクノ(kakuno)」

1000円で買える!初めての万年筆&ペン習字にオススメ!「カクノ(kakuno)」

もういい年なので、綺麗な字を書けるようになりたいなーと、最近、ペン習字をはじめました。そこで、今回はペン習字にピッタリの万年筆「カクノ(kakuno)」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「カクノ」って?

老舗文具メーカーであるパイロットが作った、「はじめて」のための万年筆。ポップな色使いと、ペン先のスマイルマークが特徴。

万年筆とのはじめての出会いが、大切なものとなるように。
カクノはそんな思いから生まれました。
シンプルだけれど、どこかかわいらしい。
その形には、「書くこと」へ自然と導くさまざまな工夫がつまっています。
こどもから大人まで、きっと書くのがたのしくなる。万年筆、カクノ。

こんな人にオススメ!

万年筆を初めてみたい人
ペン習字を初めてみたい人
手紙を書くのが好きな人
好きなインクを使って文字を書いてみたい人
文房具が好きな人

「はじめての万年筆」にオススメ!

先ほども言ったように、カクノは「はじめての万年筆」というコンセプトで作られました。

m_IMG_0418

子供でも使えるように作られているので、けっこう頑丈な作りです。「万年筆だから」と、特別気を使う必要はなく、普通の筆記具と同様に取り扱うことができます。

とにかく安い!

万年筆といえば、数万円する高価なもの!という印象を持ってしまいますが、このカクノはなんと1000円!(税抜)カートリッジ(差しこむだけで使えるインク)も1本ついているので、買ったその日から万年筆を楽しめます。

好きな色のインクを使いたい!という場合も、インクやコンバーターなど、一式揃えても5000円でお釣りがきちゃう。

「そろそろ万年筆使ってみたいけど、値段が……。使わなくなったら嫌だし、手入れも大変そう」

そんなアナタにオススメの一本です。

サラサラと書ける!

1000円の万年筆、しかもどちらかというと子供向け、そう聞くと「おもちゃみたいな万年筆なんじゃないの?」そう思いますよね。しかし、そこは老舗万年筆メーカーのパイロット。中途半端な万年筆は出しません。

万年筆は文字を書くための文房具。サラサラとペン先を紙の上にすべらせれば、すーっと言葉が現れる。インクのムラが生み出す味わいは、手描きならでは。字や文章を書くのがとても楽しくなりますよ。

m_IMG_0426

好きな色が使える!

万年筆は自分でインクを入れて、使い込んでいく文房具です。

インクの交換・追加方法は基本的に2種類。インクの入った筒を差しこむだけのカートリッジ式と、専用の道具を使い自分でインクを入れるコンバーター式カクノはその両方に対応しているので、お好みの方法で使用することができます。

カートリッジ式

m_IMG_0422

外出先で使いたい方や、面倒なのはイヤ!という方は、差しこむだけのカートリッジがオススメ。普通のペンと同じような感覚でインクを追加でき、手や周りを汚す心配がほとんどないので、出先でも簡単にインクカートリッジの交換ができます。

カクノに対応したカートリッジは現在8種類。「ブラック・レッド・ブルー・ブルーブラック・グリーン・バイオレット・ブラウン・ピンク」が発売中です。

誰でも簡単に利用できるカートリッジ式ですが、インクの色を変更する際には、ペン先のつけおき(1時間~)が必要。気軽にインクの色を変更したい時は、コンバーター式をオススメします。

コンバーター式

m_IMG_5242

手紙の相手に合わせて、インクの色をかえる。洋服を選ぶように、その日の気分でインクの色をかえる。それは万年筆ならではの楽しみ方。

「書く道具」として万年筆を楽しみたいのなら、コンバーター式がオススメ。カートリッジ式に比べればすこーしだけ手間がかかりますが、ほんとに「すこーしだけ」慣れればインクの追加は1~2分、インクの変更も3分くらい(+乾かす時間)で終わります。

カクノに使えるコンバーターは「CON−20(プレート式)」と「CON−50(回転式)」「CON-40(回転式)」の3種類。コンバーターは万年筆1本に対して、1つ必要で、使い捨てのカートリッジと異なり、繰り返し使うことができます。

コンバーターの詳しい使い方はこちら(過去記事)
カクノコンバーター使い方CON-20405070

ちなみに、非公式ではありますが、新型カクノであれば、CON-70(プッシュ式)を使うこともできます。

コンバーター1つ200円〜500円、インクも1瓶500円~1500円程度とそれほど高くないので、ちょっとでも興味がある方は、ぜひ挑戦してみて欲しいです。好きな色で文字を書くって、本当に楽しいですよ!

中字がオススメ!

カクノには「中字」「細字」の2種類の太さがあります。ペン習字や手紙には柔らかな書き味の「中字」がオススメ。ただ、結構太いのでノートを取ったり、狭いスペースに多く書きこみたい場合は、硬さのある細字の方が向いています。普段使っている文具の好みや、使用用途に合わせて選んでみてください。

m_IMG_0427
m_IMG_0429

万年筆でちょっと特別な体験を

鮮やかなインクに想いをのせて、大好きなあの人に手紙を書く。いつも書いている文字だけど、万年筆を使うと、ちょっとだけ、特別な文字になるんです。

「ちょっとだけ特別」に必要なのは、カクノとコンバーターとインクの3つだけ。高い万年筆も、細かな手入れも必要ありません。

アナタの文字を華やかに彩ってくれる、ニッコリ笑顔のキュートな一本。きっと素敵な「はじめて」になるはず。万年筆「カクノ」オススメです!以上、sakimitamaでした!

------------------Sponsored Links------------------
Return Top