描くラボ

独学で絵を学ぶ人のためのブログ

kakuno(カクノ)でCON-70使う!新軸・旧軸の見分け方!

kakuno(カクノ)でCON-70使う!新軸・旧軸の見分け方!

パイロットが作った「はじめて」のための万年筆、kakuno(カクノ)。かわいい見た目と、値段の安さ、そして何よりコンバーターが使えるコトで多くの人に愛されている万年筆です。

メーカーがアナウンスしている対応コンバーターはCON-20、CON-40、CON-50の3種類……なのですが、実は、軸が改良された新しいカクノであればCON-70も使うことができるのです!(今から新しく購入する場合は相当なデッドストックでないかぎり、新軸です)

でも、自分が持っているカクノは新軸・旧軸どっちだろう?見分けがつかないYO!というわけで、今回は新軸・旧軸の見分け方をご紹介します!

新軸・旧軸の違い

そもそも、新軸と旧軸は何が違うでしょうか。その違いから見ていきましょう。

外見は一緒

長さも・太さも同じなので、パッと見ただけでは旧軸・新軸を見分けることはできません。(もし見分ける方法があったら教えてください)

m_IMG_1277 2

ボディ内側にある出っ張りの大きさが違う!

パッと見、同じ見た目の2本の軸ですが、中を見てみると大きな相違点が……。実は、新軸と旧軸では、内側にある出っ張りの大きさが違うのです。

ココでいう出っ張りとは、軸の内側、底面にある4つの板状のモノのこと。

m_IMG_1217 2↑コレ。

CON-70が入る新しい軸と、入らない古い軸ではこの出っ張りのサイズが大きく異なります。
m_160312-0003↑イメージ図

旧軸

出っ張りが大きい旧軸は、途中でCON-70の金属部分が引っかかってしまい、コンバーターを奥まで入れることができません。

m_IMG_1276軸からはみ出す部分が1.5cmもある。

新軸

コレに対し、新軸は出っ張りがかなり小さくなっており、コンバーターが途中で引っかかることはありません。よって、ペン先とボディをしっかり固定することができるのです。

m_IMG_1275 2
軸からはみ出す部分は0.7cm。

2つの軸を見分けよう!

手元に新軸・旧軸揃っているので、いろいろな方法で2つの軸を見分けていこうと思います。カクノ以外に必要な物があったり、わかりにくいモノもあるので、ご自分にあった方法で確認してみてください。

その1 コンバーター・カートリッジで調べる

カクノを持ってるのなら、コンバーターやカートリッジも持ってるはず、というわけで、まずはこれらを使った確認方法です。

用意するもの

m_IMG_1245 2

  • お手持ちのカクノ
  • 使っていないコンバーターまたはカートリッジ

Step1:ペン先とボディを外す。

まずは、カクノのペン先とボディをバラします。
m_IMG_1246

Step2:ボディにコンバーター・カートリッジを反対向きにそっと入れる

外したボディに、コンバーターやカートリッジを、反対向きに、そっと入れます。

m_IMG_1248 2※力を入れると取り出せなくなります!そっと!そっとね!

カートリッジ(そっと入れてください!)

新軸→すっぽり入る
m_IMG_1249 2

旧軸→少しはみ出る
m_IMG_1251 2

CON-20

m_IMG_1256 2

新軸→すっぽり入る
m_IMG_1257 2

 

旧軸→少しはみ出る
m_IMG_1258 2

CON-50

m_IMG_1255 2

新軸→すっぽり奥まで入る
m_IMG_1259 2
旧軸→ボディ内側のギザギザのすぐ下で止まる
m_IMG_1260 2

CON-40

m_IMG_1254 2

新軸→すっぽり奥まで入る
m_IMG_1261
旧軸→ボディ内側のギザギザのすぐ下で止まる
m_IMG_1262 2

ちなみに、入れる方向を間違えると、旧軸でもすっぽり入ってしまうので注意!反対向きですよ!

その2 のぞいて調べる

新軸・旧軸揃っていればコレが一番簡単なのですが、片方しかない場合わかりにくいかも……。

用意するもの

  • お手持ちのカクノ
  • 懐中電灯など、照らせるモノ

Step1:ペン先とボディを外す

まずは、カクノのペン先とボディをバラします。
m_IMG_1246

Step2:ボディに照明を当ててのぞく

ボディの内側に照明を当て、中をのぞいて出っ張りの大きさを確認します。

新軸→軸底の出っ張りが小さく、穴のほうが目立つ
m_IMG_1217 3
旧軸→軸底の出っ張りがハッキリ見え、穴より目立つ
m_IMG_1219 2

その3 HI-TEC-Cで調べる

カクノを持つような文具好きならHI-TEC-Cも持っているに違いない……というわけで、こちら。

用意するもの

m_IMG_1263

  • お手持ちのカクノ
  • HI-TEC-C

Step1:ペン先とボディを外す

まずは、カクノのペン先とボディをバラします。

Step2:ボディにHI-TEC-Cを入れる

外したボディに、HI-TEC-Cを後ろ向きに入れます。
m_IMG_1264 2

新軸→PILOTの文字が隠れる
m_IMG_1265 2
旧軸→PIが見える
m_IMG_1266 2

その4 えんぴつで調べる

用意するもの

m_IMG_1267

  • お手持ちのカクノ
  • えんぴつ・色えんぴつ
  • 定規

メーカーによって太さが違うので、はっきり区別できません。参考程度にどうぞ。

Step1:ペン先とボディを外す

まずは、カクノのペン先とボディをバラします。
m_IMG_1246

Step2:ボディにえんぴつを後ろから入れる

外したボディに、えんぴつを後ろ向きに入れます。
m_IMG_1271 2

Step3:入った長さを測る

軸に入った部分の長さを測ります。

m_IMG_1272 2新軸→7cm以上
旧軸→6.5cm未満

6.5cm以上、7cm未満は微妙なので、他のえんぴつを探してください。

また、えんぴつをほんの少しだけ強めに差し込み、抜く時に引っかかる感じがあったり、逆さにしても抜けなければ旧軸です。

参考動画

※強く差し込むとえんぴつに跡がついてしまいます。注意してください!
※えんぴつによっては旧軸でも引っかからない場合がありますので、引っかからない=新軸ではありません。

まとめ

というわけで、今回はカクノの新軸・旧軸を見分ける4つの方法をご紹介しました。お手持ちのカクノ、CON-70が使えるか、わかりましたか?

大容量&インク残量が見えるCON-70、いいですよね!新型カクノの新しい相棒になりそうです。

コンバーターの使い方はコチラ↓
カクノコンバーター使い方CON-20405070

以上、sakimitamaがお送りしました!お疲れさまでした!

------------------Sponsored Links------------------
Return Top