soramitama

お絵かき&ゲーム&脱出ゲーム

感想:監獄アルバトロスからの脱出に行ってきました!ネタバレ無し

感想:監獄アルバトロスからの脱出に行ってきました!ネタバレ無し

今度のヒミツキチはほんとに閉じ込められる!?時間内に謎を解いて、仲間と一緒に脱獄せよ!「監獄アルバトロスからの脱出」に行ってきたので、その感想をまとめました。

ナゾに関するネタバレはありません。

公演情報

監獄アルバトロスからの脱出
http://realdgame.jp/albatross/
開催期間:2016年9月30日(金)〜12月4日(日)(原宿)
形式:ヒミツキチ型
グループ人数:4人

監獄アルバトロスーー 世界の名だたる犯罪者たちも震えあがるその場所に あなたは捕らえられてしまった。
悪党がひしめく檻の中に閉じ込められ まもなくあなたは処刑されてしまう!
生き残る鍵は、壁に書き記された不思議な暗号文。
看守の目を盗み、脱獄をくわだてる囚人たち。
刻一刻とせまるタイムリミット。
あなたは仲間と共に監獄アルバトロスに隠された秘密を暴き出し 脱獄することが出来るか?
今回の舞台は、狭い檻が立ち並ぶ巨大な監獄。 4人の囚人が1つの檻の中に本当に閉じ込められてしまう!
仲間と知恵を絞り、この監獄から脱獄せよ!!

参加条件

参加日時:2016年10月21日(金) 20:30〜
人数:友人3人と(計4人)
結果:脱出失敗!
成功率:20%ぐらい(参加時点)

その他設備について

先着1組に囚人服の貸出有。クローク(有料)有。携帯電話を含む電子機器の使用禁止。

監獄は四辺が壁で囲まれているわけではなく、コの字型のブースです。閉所恐怖症の方も大丈夫だと思います。ただ、テーブル番号によっては個室っぽくもなるので、心配な方は早めに行って開放感のある箇所を希望するなど、スタッフの方に相談すると良いでしょう。

暗いのが苦手な方はやめておいたほうが良いです。

椅子は全員分ありません。開場すぐに中に入ると30分立ちっぱなしで待つ必要があります。

こんな人にオススメ!

  • リアル脱出ゲームが好きな人
  • 身内だけで参加したい人
  • 初めてリアル脱出ゲームに参加する人
  • 知恵を絞って大脱走をしてみたい人
  • アジト型に興味がある人

この記事を書いているsakimitamaはこんな人

リアル脱出ゲーム好き。月に1回くらいのペースでのんびり脱出ゲームに参加している。4人一組&新しいヒミツキチっぽかったので参加した。

今まで参加した脱出ゲームはコチラ↓
sakimitamaのリアル脱出ゲーム記録&感想一覧

スポンサーリンク

難易度は?

難しかったです。苦手なタイプの小問が多く、前半部分にかなり時間がかかりました。後半はわりとすんなり行って、ゲーム終了後の解説中に自力でなんとかできたので、小問群との相性が大きいと思います。

イマイチだったところ

小問群との相性が悪かった

完全にイチャモンレベルのイマイチポイント。苦手なタイプの小問が多くて、今回ほとんどナゾを解いた気がしません。「おっしゃ!解いたぞ~!」という快感はあまり感じられませんでした。苦手分野を無くす努力が必要ですね……。しょんぼり。

よかったところ

ヒミツキチなのにアジトっぽい!

私達のテーブルは、牢獄前の通路が狭く個室感がかなりありました。ヒミツキチなのに、閉じ込められてる!怪しげな小道具がそこらじゅうに!しかもグループ全員身内!これは楽しい!絶対楽しい!と、収監された瞬間から、テンションあがりまくり。

結局最後までそのテンションは下がることなく、ワイワイギャギャ-楽しめました。○○を○○したり、みんなで仲良く○○を○○たり、実際に動く・体験するというのはアジト型の醍醐味。まさかそれをヒミツキチで体験できるなんて!しかも身内だけで!

今までのヒミツキチの中で一番好きな作品でした!

4人一組はやっぱり良い!

身内だけで簡単にチームを作れるって、かなり助かります。当日初めて合う人とチームを組んでクリアを目指すのはリアル脱出ゲームの面白さでもありますが、嫌な思いをするときだって少なくありません。日程合わせて、チケット取って、せっかく遊びに来たのに、残念な気持ちになるなんて、なるべくなら避けたいものですよね。

リアル脱出ゲームに誘っても「知らない人と組むのは……」という理由で断られたりするので、こうした少人数の公演が今後も増えてくれればなと思っています。

これから挑戦する人へのアドバイス

ネタバレを避けようとすると、正直何も言えません!が、ひとりでも多くの方に実験室から脱出してもらうため、今回もネタバレにならない範囲でアドバイスを!

荷物は極力少なめに!

監獄は150cm~200cm四方くらいありますが、小道具が置いてあるので狭いです。大きな荷物は妨害アイテムと化し、ゲーム中邪魔になること間違い無し。なるべく少ない荷物で参加しましょう。有料ですがクロークもあります。

ヒミツキチだけど探索!探索!

監獄アルバトロスはいわゆるヒミツキチ型。でも、牢獄の中を探索したりなんだりと、アジト的要素が強いです。いつものヒミツキチ的感覚で行くと、まず脱出できません。探索精神を忘れずに。

おなじみアドバイス

看守や司会の発言はしっかりキッチリ聞きましょう。ちょっとでも引っかかったら、メモっておくのが吉。

迷ったらとりあえずやってみましょう。ヒミツキチの扉をくぐったら、あなたは囚人。期限までに脱獄できなければ、悲しい運命が待っています。持てる力をすべて使って、どうか「大脱走」を成功させてください。

まとめ:新しいヒミツキチ!

「監獄アルバトロスからの脱出」はヒミツキチのように少人数&ナゾトキ中心でありながら、アジトのように探索要素もギミックもある、ハイブリッド公演です。少人数チームでそれぞれの要素をバランスよく楽しめるので、初めてのリアル脱出ゲームにぴったり。

いままで、どちらか片方しか参加してこなかった方も、監獄アルバトロスでもう一つのタイプを体験してみてください。新しいリアル脱出ゲームの世界が広がりますよ!

てなわけで、「監獄アルバトロスからの脱出」の感想、sakimitamaがお送りしました!お疲れさまでした!

予習には公式過去問題集がオススメ
お家で気軽に遊べる!「”リアル脱出”ゲームブック」ついに発売!
------------------Sponsored Links------------------
Return Top