soramitama

お絵かき&ゲーム&脱出ゲーム

FireAlpacaで月夜を描いた。メイキング・感想・反省

FireAlpacaで月夜を描いた。メイキング・感想・反省

24インチのディスプレイを購入、使用感はどんなもんじゃい!ということで、FireAlpacaを使って月夜を描きました。作業動画と、反省点などをまとめています。

基本情報

作業時間:1時間30分
使用ソフト:FireAlpaca

作業動画

描いたもの

どこかの塔の上から、月を見るアサシンを描いた。

良かった点

月夜感は出たと思う。
月の周りの雲は照らされている感が表現できた。
レイヤー一枚にしては、がんばった。

改善点

晴れているのに星が見えない。完全に忘れていた。
ぼんやりとしたテーマで描き始めたので、ぼんやりとした画になっている。
全体的にコントラストが低く(暗すぎる)何が描かれているかわからない。
雲の立体感、もやもや感が無い。ベッタリとなっている。
地上の明かり、どの時代の街なのか、何の光源なのかを曖昧にしてしまったため、ホタルのような見た目になってしまった。
月夜はもっと明るいはず。これでは何も見えない。

次の目標

思い切って色を置く。
イメージをもう少し具体的にしてから描く。
描くものに合わせてブラシを作成し、質感を表現してみる。

まとめ

ずいぶん久しぶりにこうした画を描きましたが、やっぱり広いディスプレイはいいですね。感動。せっかくいいモノを購入したので、これからも画を描いて、活用していきたいと思います。

最近読んでいる本

解剖学とついているけれど、文字情報はかなりすくなめ。おなじみ『アーティストのための美術解剖学』にくらべると、かなりとっつきやすい。はじめての1冊にはこちらがオススメ。

この本を読んで、各部の名称・動きなどをより詳しく知りたいと思ったら『アーティストのための美術解剖学』を読むのが良いと思う。

Return Top