描くラボ

独学で絵を学ぶ人のためのブログ

ドラクエ×リアル脱出ゲーム『竜王迷宮からの脱出』に行ってきました!感想【ネタバレなし】

ドラクエ×リアル脱出ゲーム『竜王迷宮からの脱出』に行ってきました!感想【ネタバレなし】

ドラゴンクエスト30周年を記念し、ドラクエとSCRAPがコラボした超大型公演、ドラクエ×リアル脱出ゲーム『竜王迷宮からの脱出』に行ってきたので、その感想をまとめました。

基本情報

公演データ

  • 『竜王迷宮からの脱出』
  • http://realdgame.jp/DQ2016/
  • 開催期間:2016年5月13日(金)〜5月15日(日)
  • 形式:周遊型+時間制限型(10分)

参加条件

  • 参加日時:2016年5月15日(日)
  • 人数:4人パーティ
  • 結果:ノーコンティニュークリア(脱出成功)!
  • 成功率:諦めなければ、ほぼ全員

この記事を書いているsakimitamaはこんな人

リアル脱出ゲーム好き。ドラクエもまぁまぁ好き。シリーズは、ドラゴンクエスト45689、ドラゴンクエストヒーローズ、ドラゴンクエストビルダーズなどをクリア済み。

今まで参加した脱出ゲーム一覧↓
リアル脱出ゲーム感想まとめ

スポンサーリンク

残念だったトコロ

m_IMG_2421

グッズが無くなるのが早過ぎた

2日目・最終日共にお昼ごろにはほとんどのグッズが売り切れ。手の込んだコラボグッズは仕方ないにしても、通常のドラクエグッズや、「脱出成功ステッカー」は、夕方まで残っていて欲しかったです。

ナゾが簡単すぎた

SCRAP製のリアル脱出ゲームの中では、難易度が低い公演でした。高校生以上を対象として……とありましたが、小学生高学年くらいからクリアできたのではないでしょうか。ナゾを解くあのヒリヒリした感じが好きな私は、すこし拍子抜けでした。

微妙なナゾもあった

竜王城へいく直前のナゾ、これはもう少しわかりやすくして欲しかったです。「ん~、これ?出てきた答えそれっぽいし、たぶんそうだよね?」と、微妙な空気で最終決戦に臨むことになったのは、残念です。

4人(3人)パーティを組ませる必要はあったのか

竜王迷宮からの脱出はプレイタイム3時間~という長丁場。私は親しい友人と参加したので、最初から最後まで楽しむことができましたが、現地でパーティを組んだ人たちは最後まで楽しめたのだろうかと疑問が残ります。

知らない人と協力して、一緒にナゾを解き明かしていくのもリアル脱出ゲームの醍醐味。とはいえ、「こんな人ならいない方が良かった」と思ってしまう人がいるのも現実です。

もし、そんな人と何時間も行動を共にすることになるくらいなら、高いお金を払ってでもいいから、難易度上がってもいいから、気の合う人たちだけで行動したい……、今までの経験から、私はそう思います。

今回のように、値段も難易度も跳ね上がるけれど、がんばれば一人でもなんとかなる内容(一度1000円払えば何度でもコンティニュー可)ならば、パーティーチケット制を導入しても良かったのではないでしょうか。

最終決戦は狭すぎた

人の多い時間帯に最終決戦に挑んでしまったので、(物理的な意味で)かなり大変でした。スタッフの「前から詰めてください」という指示にしたがい、真面目に詰めた人ほど苦労したと思います。

次回こういうイベントがあるならば「四方からの攻撃に耐えられるよう四角に固まって座れ!」とか「前から順に座っていけ!」とか、声掛けにもう一工夫あると嬉しいです。

良かったトコロ

m_IMG_2428

諦めなければ誰でもできるという難易度

リアル脱出ゲームをよく遊んでいる私にとっては少し物足りなくはありましたが、「諦めなければみんなクリアできる」という難易度は、「ドラゴンクエストのリアル脱出ゲーム」としては、適切だったと思います。

一緒に行った友人たちも楽しめたようだし、初めてリアル脱出ゲームに参加した家族も「楽しかった!クリアできて良かった!」と喜んでいました。コレを機にリアル脱出ゲーム人口が増えてくれればいいですね。

おまけの問題も良かった

クリア後にもらえるお持ち帰り用のナゾ。練習問題程度の内容なのかなと思いきや、意外にしっかりしていて楽しめました。もらって帰ったまま放置中の方はぜひやってみてくださいね!

スタッフの方たちはとっても良かった!

竜王迷宮で一番印象に残ったのはスタッフのがんばり。大量のゲストをうまくコントロールしたり、やむなく発生してしまった待ち時間にジョークで楽しませてくれたり、仕草や言葉づかいで私たちを物語の世界に誘ってくれたり。大型イベントにありがちな「もっとちゃんと誘導してくれないかなぁ」という不満はほとんどありませんでした。

(思ったよりもセットがしょぼかった)幕張メッセの会場を「アレフガルド」にしてくれたのは、スタッフの方達のおかげだと思います。

まとめ:RPGとリアル脱出ゲームの融合

m_IMG_2422RPGとリアル脱出ゲーム、いったいどうやってコラボするんだろう?と、当日まで見当もつかったのですが、そこはSCRAP、しっかり2つを融合させてくれました。

町の人の話を聞いて真実をみつけたり、石版に書かれた文章を解読したり、世界中を移動してアイテムを集めたり。あぁ、冒険者達はこうした地道な作業を繰り返して世界を救っていったんだな……と、楽しむことができました。

また、謎解き以外にも

  • 世界を救う存在なのに、軽くディスられる(ドラクエ)。
  • 調べてみたら うまのふん(ドラクエ)。
  • せっかく集めたアイテムをXXされる。
  • 条件を満たしていなくて門前払いされる。
  • 協力者だと思っていたら実は黒幕。

といったドラクエ・RPGあるあるをリアルに体験できたのも嬉しかったです。まさにドラクエ×リアル脱出ゲーム!

次回のRPG系コラボにも期待してしまいます。でも次回は、ポケモンコラボの様に、難易度に差をつけたものもあるといいなぁ。あと、ゼルダとかペルソナとか……。よろしくお願いします、SCRAPさん!

てなわけで、ドラクエ×リアル脱出ゲーム『竜王迷宮からの脱出』の感想、sakimitamaがお送りしました!お疲れさまでした!

------------------Sponsored Links------------------
Return Top