描くラボ

独学で絵を学ぶ人のためのブログ

綺麗な字が書きたい!ペン字テキスト『書き込みペン習字』レビュー

綺麗な字が書きたい!ペン字テキスト『書き込みペン習字』レビュー

字が綺麗だと、それだけで印象が良くなりますよね。私もいい歳だし、綺麗で読みやすい字が書けるようになりたい!というわけで、今回は書き込み式のペン字テキスト『書き込みペン習字』をレビューします。

本の基本情報

書き込みペン習字
『書き込みペン習字』
著者:高田 香雪
単行本:95ページ
出版社:日本習字普及協会
ISBN-13:978-4819501880
発売日:2001/05

※この記事は初版第8刷を元に書かれています。
※テキストへの書き込みはすべて万年筆「カクノ」を使用しています。

こんな人にオススメ

m_IMG_1115書き込み式の本がほしい人
ペン字をまんべんなく学びたい人
高田香雪先生の文字が好きな人

なぜこの本を読もうと思ったのか

m_IMG_1107齢30を越え、そろそろ美しい文字を書きたいと思ったから。(あと、表紙のIllustrator感がグッときた)

この本を買う時の注意

本が開かず書き込みにくい

m_IMG_1120この本は無線綴です。ページを開いても、180度開きません。ノドに近い部分は角度がついてしまい、非常に書きづらく、書き込み式の本として致命的欠陥を抱えています。

平らな状態で練習をするためには、全ページコピーをするか、思いきって裁断するしかありません。一体何のための本なのか。それ以外は優れた本なのに、本当に残念です。

技術的な解説がない

m_IMG_1112この本はペン字の教科書ではありません。

お手本と書き込み用の空欄が印刷されてるだけで、技術的なことは一切書かれていません。よって「初めての一冊」にするのはやめましょう。まずは他の本で基本を学び、ドリル・練習帳として使うのが良いでしょう。

オススメポイント

字が好み

m_IMG_1113私は高田先生の字が好きです。だからこの本を買いました。

書道の本を選ぶ際、大切なのは「自分が書きたい字かどうか」。こうした本を買うときは、実際に本屋さんで数冊立ち読みをし、一番気に入ったものを購入しましょう。

高田先生の字は、美しい。これが、一番のオススメポイントです。

幅広いジャンルのお手本が入っている

m_IMG_1116この本には三体(楷書・行書・草書)が掲載されており、漢字・かな・カタカナ・アルファベット、また縦書き横書き宛名書きなど、かなり幅広いジャンルのお手本が収められています。

バランスよくペン字を学びたいという人にオススメです。

書き終えた感想

「かな」は縦書き用の文字

m_IMG_1122一冊書き終えて、「かな」は縦書きから生まれてきたんだな、ということを実感しました。

縦書きでかなを書くと、筆の動きがとてもスムーズで、まるで踊っているかのよう。また、大きさを揃える必要もなく、のびのびとペン字を楽しむことができました。縦書きがこんなに自由なものだったなんて。

次、誰かに手紙を送るときは、ぜひ縦書きにしてみよう、と思ったのでした。

達筆までの道のりは遠い

m_IMG_11141冊終わって、私の字が劇的に綺麗になったかといえば、そんなことはありません。

幼少時より身についたクセというものはなかなか抜けませんね。でも、全く変わっていないかというと、そんなこともなく。ステータスでいうと3ポイントくらいアップした感じでしょうか。「あ、なんかうまくなったな」と思う瞬間はあるので、この先もコツコツ続けていこうと思います。

次の一冊は……

次は、書道系の書店員さんが「ペン字はこの2冊やっておけばいい」と、オススメしていた『ペン字精習 上・下』を勉強する予定です。

以上、sakimitamaでした。お疲れさまでした。

------------------Sponsored Links------------------
Return Top