描くラボ

独学で絵を学ぶ人のためのブログ

乾きにくくて書きやすい!カキモリローラーボールレビュー

乾きにくくて書きやすい!カキモリローラーボールレビュー

カキモリで販売されている、万年筆インク専用ローラーボールを購入したので、書き味や注意点などをまとめました。

カキモリローラーボールとは?

m_IMG_2861

美しく、多彩な万年筆インクを使いたい。
でも気軽なボールペンのように使いたい。
(カキモリ商品紹介ページより)

蔵前にある文房具屋さん「カキモリ」のオリジナル商品、万年筆インク用のボールペン。

m_IMG_2867ペン先はお馴染みの形状ですが、本体側には万年筆のような溝がたくさん。毛細管現象を利用して、ここにインクを溜め込みます。

m_IMG_2897クリップは太め

m_IMG_2863キャップにはカキモリのロゴマーク

こんな人にオススメ

  • ボトルインクを気軽に楽しみたい人
  • 万年筆が苦手な人
  • 文房具好きな人

セット内容

m_IMG_2906

  • ペン本体
  • 欧州規格コンバーター
  • 説明書
  • スポイト
  • カップ

スポイトとカップは、インクの量が少なくなった時用。一つあると何かと便利です。

欧州規格のコンバーター、スポイト、カップがついてこの値段はお得。コンバーターだけで600円くらいしますからね。

スポンサーリンク

入手方法

蔵前の店舗または、表参道のPop-up storeのみで購入可能。通販は行っていません。

カキモリHP
http://www.kakimori.com/index.html

インクの入れ方

インクの入れ方は万年筆と少し違うので注意。万年筆は基本的にペン先をインクに浸して吸入しますが、ローラーボールはペン先にボールをすべらせる成分がついているので、インクに浸すと故障の原因に。

ペン先の故障を避けるため、コンバーターから直接インクを吸いとります。

2m_IMG_2870
付属のコンバーターのつまみを回し、ピストンを伸ばします。

m_IMG_2871
コンバーターの先をインクに浸し、つまみを先ほどとは反対に回転、インクを吸入します。使用インクは色彩雫・土筆。

m_IMG_2873
インクが入ったら、瓶から取り出し、余分なインクを拭き取りましょう。中のインクを少しだけティッシュで拭き取ってあげると、ペン先をはめる時にインクが溢れません。

m_IMG_2874

上からペン軸を差し込んで終了

使いはじめはインクが出てくるまでに時間がかかりますので、お茶でも飲みながら30分くらい置いといてください。コンバーターをゆ~っくりゆ~っくりひねってインクを押し出してもいいですが、加減を間違えるとあたり一面インクまみれになるので自信のある方だけどうぞ。

線の太さは?

m_IMG_2927

線の太さは「ラミーサファリM」や「ペリカーノジュニア」と、シグノ太字の間くらい。結構太めの筆記線です。

書き味は?

ペリカーノジュニアくらいなめらか。カリカリひっかかる瞬間をのぞけば、全体的にかなりスムーズに文字がかけます。

色は万年筆のように気軽には変えられない

ペン先の扱いがデリケートなのでインクの変更には少し手間がかかります。インクの色を頻繁に変えたい人にはあまりオススメできません。同じ色のインクを追加する時はコンバーターで吸うだけで良いので、長く使いたい色、お気に入りの色を入れるのが良いでしょう。

インクの変更方法はカキモリさんのHPをご覧ください。
カキモリのローラーボールの推奨メンテナンス方法

カリカリする時がある

普通のボールペンに比べてインクに油分が少ないので、カリカリ音がしたり、ややひっかかる時があります。万年筆のように傾ければほぼ問題ありませんが、紙によってはちゃんと傾けていても音がなってしまうことも。(あまりにひどい時は初期不良の可能性もあるので、カキモリさんにお問い合わせください)

乾燥に強い

実際に使ってみて一番感動したのは、乾燥に強いこと。ローラーボールのペン先は、万年筆とは比べ物にならないほど乾きにくいです。

キャップを開けたままの状態で60分放置しても書き出しがスムーズ。作業をしながらの執筆も問題なくこなせます。

m_IMG_2929(ペン先によくないので、絶対に真似しないでください)

いくら乾燥に強いといっても、長時間放置しておけば完全に乾燥して書けなくなってしまいます。使用後は必ずキャップをしてくださいね。

まとめ

好きなインクを気軽に使えるって、いいですよね。カクノやサファリでも十分気軽ではありますが、やっぱり慣れ親しんだボールペンは使いやすいし、グリグリ書けて気楽です。もう少しインクの色変えが簡単だと最高なんですけど。インクの数だけ本数揃えろってことですかね。

カキモリのローラーボールは誰でも使えて書きやすくて、何よりとっても乾きにくい!好きなインクを普段使いするための文房具です。

綺麗な色のインクは好きだけど、万年筆はちょっと……という方にも、オススメできます。インクとセットでプレゼントしても良さそう。通販がないので、入手が少し大変ですが、お近くに来た際はぜひ検討してみてください。万年筆インクでボールペン、楽しいですよ。

以上、カキモリローラーボールの感想、sakimitamaがお送りしました。おつかれさまでした。

(カキモリには行けないけど、ローラーボールを使ってみたい方は、エルバンのローラーボールがあります。ショートサイズの欧州規格カートリッジしか使えませんし、個体差が激しいようなのでオススメはできませんが……。ちなみに私はカートリッジのインクを詰め替えて使っています)

------------------Sponsored Links------------------
Return Top