コピー用紙500枚チャレンジで絵の練習【301~350枚目】

コピー用紙500枚チャレンジで絵の練習301~350描いた絵メイキング

2015年からはじめている500枚チャレンジ。その枚数がやっとこさ350枚目まで達成したので、節目の振り返りです。

500枚チャレンジの記事一覧

現在、400枚目を目指して頑張り中。
【001~050枚目】 【051~100枚目】
【101~150枚目】 【151~200枚目】
【201~250枚目】 【251~300枚目】
【301~350枚目】 【351~400枚目】

500枚チャレンジって?

①コピー用紙500枚入りを買う

②とにかく500枚を絵で埋め尽くすよう描きまくる

③1枚目と500枚目を見比べて(・∀・)ニヤー

さぁ、ディスプレイの前の君も や ら な い か (2ch該当スレより)

飽きっぽい人はクロッキー帳1冊(100枚)からはじめたほうがいいと思います。まじで。

必要なもの

  • コピー用紙 500枚入り 一束
  • 好きな画材
  • 愛と気力と根性と根性と根性と根(略
  • 描きたいモノ

私はこんな感じ

サイズは日和ってB5。片面。

はじめたのは2015/06/26

今はこれくらい溜まったよ

(定規の端の余白を入れて)3.5センチくらい

その他、私が使っているもの

富士通 ScanSnap iX500 (A4/両面)
ScanSnap:描いた紙を読み込むのに使ってる。ブログにまとめたりしなければ不要。

 

カール事務器 ルーズリーフパンチゲージパンチ・ネオ オレンジ GP-130N-O
ゲージパンチ・ネオ:コピー用紙に穴をあけるのに使ってる。最初からルーズリーフ買えばよかったよね。

 

キングジム リングノート テフレーヌ B5 透明 9855TTEトウ
テフレーヌ(スリム)B5サイズ:ルーズリーフバインダー。薄くて軽くて描く時にじゃまにならないのでオススメ。

50枚一覧!(301~350)

2017/10/20-2017/12/24(クリックで画像ファイルがひらきます)

今回は2ヶ月ちょっと。中々の好記録です。

1-50枚:約40日
51-100枚:約60日
101-150枚:約300日
151-200枚:約245日
201-250枚:約95日
251-300枚:約106日
301-350枚:約65日←New!

今回は節目の350枚目をサクッと描くことができたので、かなり短い期間で終わらせることができました!やったね!

参考にしたもの・描いたもの

Ki Creative Studio

50枚のうち、半分くらいはここで描きました。

「Ki Creative Studio」はボーンデジタルさんで定期的に行っているクロッキー会。正確にはジェスチャードローイング会なんですけど、まぁ人を見ながら描くのでクロッキー会と表現しちゃいます。

会議室に30人くらいが集まって、モデルさんを見ながらジェスチャードローイングを学びます。みんなで黙々と絵を描いている空間はとても心地が良いもので、自然と鉛筆が動きます。

Ki Creative Studioは毎月東京九段下で行われています。参加費も2,000円とお手頃価格なので、興味がある方はぜひのぞいてみてくださいね。https://www.borndigital.co.jp/seminar/5823.html

Ki Creative Studioの詳しい感想はコチラ↓
【東京クロッキー会】ボーンデジタル主催Ki Creative Studio vol.6に行ってきました。感想・描いた絵

『グレン・ビルプのドローイングマニュアル』

グレン・ビルプのドローイングマニュアル

でもって、残りの半分はコチラ。グレン・ビルプ先生のドローイングマニュアル。模写や自主練習を行い、ドローイングの基本を学んでいます。

さとうぶろぐさんのレビュー記事を読んで、なんだか楽しそうだなぁ……と思って購入しました。

まだ読みはじめたばかりなので、描く図形は丸とか四角とかベーシックなものばかり。わりと退屈ですが、佐藤さんの様に魅力的な絵を描きたいのでがんばります。

佐藤さんのレビュー記事
【画力上達の本】想像から自分の理想を描けるようになるための12のレッスン
https://susumu-satoh.com/archives/2994

Pinterest

オンラインスクラップブック的サービスPinterest。勉強に飽きた時、絵の資料が欲しい時に利用しています。

普段からスキマ時間などを利用して「これ描きたい!」「これ好き!」を集めておくと、何か描きたいな~って時に、ネットサーフィンせずに済みます。

定期的に自分のボードを見返すと、好きなものを客観的に知ることができ、自分の分析にも役立ちます。

てなわけで350枚目!

「今日もキノコがよく飛んでいる」

昔から頭のなかにあったイラストです。今までは画力がなくて描くことができませんでしたが、今回なんとなくイケそうだなと思って350枚目に選びました。

至らない点はあるものの、わりとあっさりとカタチにできたので、少しは上手になったのかなーと喜んでいます。やったね!

メイキング

イメージ

キノコ型ロケットが空を飛ぶ世界。ロケット整備士を夢見る少女が、浜辺で自作ロケットの整備中に、誰かが打ち上げたキノコ型ロケットを見上げているシーンです。

イメージラフはiPad Pro&ProCreateで描きました。気軽に絵を描きたい時はProCreateを使っています。

下書き

(写真を撮り忘れたので、ちょっとペン入れしちゃってます)
グリッド線を引いて、全体のバランスを見ながらシャーペンで下書き。

線画

PIGMA 005でペン入れ。

雲は手癖で描いてしまったので、微妙な出来になってしまいました。もっとちゃんと下書きをして、陰を入れればよかったと後悔。

ま、そういった反省→次への教訓を学べるのもアナログのいいところですね。

着色

プリズマカラー色鉛筆で着色しました。今回も線画の方が魅力的。辛い。

プリズマカラーを使うキッカケになったアーティストのDILLEEN(https://www.instagram.com/dilleenart/)さんは線も色も両方活かした絵を描いているのになぁ。一朝一夕では技術は身につきませんね。

プリズマカラーは良い色鉛筆なので、ちゃんと使いこなせるように頑張りたいです。

続けるのに役立ったもの

絵を描くしか無い環境

前回と同じ。絵を書かざるをえない環境って大切です。家事もない仕事もないネットもない。ただ、絵のことだけを考える時間。

家だと中々こうした時間が取れないので、この先も定期的にクロッキー会や、絵を描くイベントに参加しようと思っています。

iPad Pro 12.9インチ

お絵かき用に12.9インチiPad Pro&Apple Pencilを購入使い心地レビュー

本当は500枚終わった後のご褒美としてiPad Proを設定していたのですが、我慢できずに購入。

iPad Proは本当に素晴らしい商品で、私のお絵かき生活を一変させてくれました。快適すぎてもうずっとiPadで絵を描いていたい……。

不思議なもので、デジタルで毎日絵を描いていると、アナログで鉛筆を持つハードルも下がります。iPad Proじゃないけど、絵がかけるならまぁいいやって。

そんなこんなで、描く枚数は格段に増えました。先に買ってよかったー。

ちなみに、12.9インチは画面が大きいので資料表示ディスプレイとしても優秀です。

さ~て、次の50枚は!

今のペースを維持して、ちゃちゃっと500枚終わらせたいです。

内容的には、グレン・ビルプのドローイングマニュアルを中心に、ドローイングの基本や立体把握をしっかり学んでいきたいですね。

ホント、基礎大事。

てなわけで、あと150枚頑張りまっす!ずいぶん少なくなってきたぞ〜!以上、500枚絵その7、sakimitamaがお送りしました。おつかれさまでした〜。

500枚チャレンジの記事一覧

現在、400枚目を目指して頑張り中。
【001~050枚目】 【051~100枚目】
【101~150枚目】 【151~200枚目】
【201~250枚目】 【251~300枚目】
【301~350枚目】 【351~400枚目】